絶縁工法

コンパックSP工法は、工場生産されたSPシート(軟質FRP防水シート9を施工現場で接着させる工法です。

軟質FRPシート

FRP特有の性能を活かした軽量で、かつ高い強度を持った防水用シートです。軟質の樹脂を使用しているため、柔軟性に富んでいます。

工場ライン生産

厳しく管理された工場で生産されているため、高性能で品質が安定した防水層となります。

半乾式工法

従来のFRP防水工法よりもさらに工期が短縮されます。

ルーズ工法

弾性接着剤による浮かし張り方法のため、躯体の動きに対する追随性、耐震性が良好です。

通気・脱気工法

下地と防水層との間で通気、脱気するため、悪下地への適応力が優れています。

建設省認定の技術審査証明書を取得

img02旧建設省では、民間の建築技術の水準向上をはかるため、建設大臣の認定を受けて、「民間開発建設技術の技術審査・証明事業業認定規定」を設けていたが「コンパックSP防水工法」は建設大臣認定機関である財団法人日本建築センターによる審査の結果、平成7年に技術審査証明書を取得しました。

コンパックSP絶縁工法のしくみ